(準備中)

バットコーン®の設置で飛び去ったコウモリは再びその場所には戻れないでしょう。

バットコーン®の革新的なデザインは、コウモリの巣がある空間から外部に向けて四角い口をあけることができる場所に最適です。


  • コウモリが建物のどの部分から出入りするかを見極めるために、夜明けか夕暮れ時に「コウモリの監視」を行ってください。コウモリの出入り状況を確かめることで必要なコーンの数を決めてください。
  • コウモリの侵入口に斜め下に向けてコーンを設置します。建物の他の部分へ移動するのを防ぐためにコーンを取り付ける前に他の全ての空間を塞ぐことが肝心です。
  • コウモリが餌を求めて建物から飛び立ち、建物内部にコウモリが残っていないかを確かめた後に、コーンを全て取り除きその跡を塞ぎます。
注意: 

コウモリの繁殖期に駆除を行うと幼獣が建物内部に取り残されることがあります。




コウモリがバットコーン®の設置で再びその場所に戻れない訳:

下へ向けられたコーンの口はツルツルと滑りコウモリはこれに掴まることが出来ずにコーンの口から戻ることが出来ません。



鳥害防除製品
バードフライトSS
バードフライトスパイク®
バードコイル®
バードワイヤー®
ダディロングレッグ®
ステルスネット®
耐炎ステルスネット®
バードショック™
バードオフジェル
バットコーン®(準備中)
バードスライド™ (準備中)
鳥害防除の必要性
鳥害に起因する病気
バードプレッシャー™
鳥害頻発箇所
TOP




Copyright (C) 2003 Bird Master Inc.All rights reserved.